水回りをしっかりコーティング【住宅守る魔法のバリア】

作業員

痛みを軽減させる

住宅

フローリングをコーティングする方法のことを、フロアコーティングといいます。フロアコーティングをすることによって、長くて10年以上もの間フローリングの状態を長持ちさせることが可能となります。フロアコーティングは毎日使用することによってすり減っていきます。キズや汚れなども必ずといって良いほど発生するものですが、フロアコーティングを行うことにより通常よりも痛みを抑えることが可能となります。フローリングに使用されている木材の板や、水回りに使用されているタイルなどは痛み具合によって張替えが必要になる場合があります。これらの張替え工事の作業というものは大掛かりになることがほとんどです。そのため痛みを広げないためにも、コーティングの施行が推奨されています。

水回り用のコーティングとして、フッ素コートというものがあります。フッ素コートで水回りをコーティングすることによって、水洗いを行うだけで簡単に汚れを落とすことが可能となります。水回りフッ素コートは、人間の体や環境にとって有害になる成分は含まれていません。そのため住宅内のどのような場所にもコーティングをすることが可能となります。住宅内の水回りにはどのような箇所があるか考えてみましょう。浴室や洗面所や、トイレやキッチンなどの箇所が挙げられます。このような水回りの箇所を水回りフッ素コートでコーティングすることによって、湯垢や水垢がたまることが防げます。フッ素コートを塗装することによって、特殊なフッ素シリコンの被膜を作り下地を汚さないようにします。水回りフッ素コートを行うのは、水回りの掃除が大変な方などに推奨されています。また、忙しさからなかなか掃除の時間を取れない方などにも最適でしょう。新入居を予定している場合なども、最初からコーティングを行うことによって新入居のキレイな状態を長持ちさせることが可能となります。