水回りをしっかりコーティング【住宅守る魔法のバリア】

作業員

長持ちさせるコツ

一軒家

水回りのフッ素コートを行った場合、基本的な寿命としては2年から3年となっています。また、コーティングの際は箇所別ではなくすべての水回りをコーティングする方が得となります。個別でそれぞれの箇所をコーティングした場合、10000円代のものから30000円代のものまで価格は変動します。フルッセットですべての箇所を同時にコーティングすることによって、80000円程度で行うことが可能です。水回りをコーティングする際に新居ではなくすでに入居している場合、施行前にクリーニングが必要となってきます。クリーニングを行う場合は、別にクリーニング代が発生する場合がほとんどとなります。また、注意点として施行する水回りの状態の劣化が激しい場合は充分な効果が発揮されない場合もあるので理解しておきましょう。コーティング後の手入れとしては、研磨剤を含まないスポンジなどでの水洗いが基本的となります。基本的には洗剤は使用しませんが、もしも洗剤を使用する場合であれば中性洗剤を使用するようにしましょう。水洗い後は、キレイな布で乾拭きを行い、水分を除去するようしましょう。コーティングを長持ちさせるためには、表面に気を使うことが必要となります。スポンジを始め、洗剤なども使用する際は研磨剤が含まれていないかしっかりと確認するようにしましょう。使用するものとしてはスポンジが最適で、スチールウールや金ダワシなどの硬いものは使用しないようにするのが大切です。